【イベント報告】三重大学でシミズ?ボランティア?アカデミーを開催

2020年2月1日(土)、社会貢献活動の一環として、三重大学(三重県津市)においてシミズ?ボランティア?アカデミーを開催しました。

本講座は、障がい者や障がい者スポーツに広く精通したボランティアの養成に寄与することを目的に、2015年に開講しました。10回目となる今回は、2021年に三重県で開催される国体?全国障害者スポーツ大会に向けての公開講座を「三重とこわか国体?三重とこわか?会実行委員会×三重?学×清?建設株式会社」産官学連携講座として開催し、学生や地域の方合わせて約180名が参加しました。

全体での基礎講座の様子
全体での基礎講座の様子
聴覚障がい者のために手話通訳者も参加
聴覚障がい者のために手話通訳者も参加

講師には、初瀬勇輔氏※1 と上原?祐氏※2 を招き、パラスポーツとボランティアの魅力を知る基礎講座と、視覚障がい者の誘導方法や車椅子利用者の介助方法を実習する体験型講座を行いました。

車いすでの実技指導
車いすでの実技指導
階段の昇降を想定した介助体験
階段の昇降を想定した介助体験
足元の障害物に対しての誘導方法を説明
足元の障害物に対しての誘導方法を説明
狭い路地を想定した誘導方法を体験
狭い路地を想定した誘導方法を体験

初瀬氏は、パラスポーツの競技説明や観戦する時のポイント、楽しみ方を説明した上で、好きな競技や選手をつくり、試合や動画を見てパラスポーツに親しみをもってほしいと話しました。
また、上原氏は自身のアイスホッケーの経験を通して、強いチームは選手だけではつくれないこと、サポートするボランティアなどの支えが重要であることを話しました。そして、思いがあればだれでも関わるチャンスがあると説明し、今回の講座?実技体験を生かしてほしいと呼び掛けました。

パラスポーツの魅力を伝える
パラスポーツの魅力を伝える
鈴木三重県知事による閉会挨拶
鈴木三重県知事による閉会挨拶

三重とこわか国体?三重とこわか大会は、東京2020オリンピック?パラリンピック競技大会後に開催される大規模なスポーツ大会の一つです。この大会を成功に導くためには、東京2020オリンピック?パラリンピック競技大会同様、多くのボランティアの力が不可欠です。この講座の受講をきっかけに多くの皆さんがボランティアの大切さや想いについて理解してくれることを期待します。

当社は、今後もシミズ?ボランティア?アカデミーを定期開催し、ひとりでも多くの方に受講していただくことで、誰もが輝けるインクルーシブな共生社会の実現に貢献していきます。

  1. 初瀬勇輔氏(2008年北京パラリンピック視覚障害者柔道90kg級日本代表、一般社団法人日本パラリンピアンズ協会 理事)
  2. 上原?祐(バンクーバー2010パラリンピックパラアイスホッケー銀メダリスト、NPO法?D-SHiPS32 代表理事)

関連情報

黑粗硬大欧美在线视频-黑粗硬大超爽视频